ドローンスコープは遠隔地からリアルタイムで映像を確認し、
パイロットへ指示ができる監視&指示システムです。
より早く、より精度の高いコミュニケーションが可能になります。

資料請求/お問い合わせはこちらから

feature1_ 遠隔地からリアルタイムで確認・指示

遠隔地にいる複数台のドローンの映像をリアルタイムに一か所で確認して、
すぐにパイロットへ指示を送ることが可能です。
データをアップロードするなどのタイムラグがなくなるので、
遠隔地からでも迅速にストレスなく思いのままの映像を撮影できます。

日本初! ライブ動画と一緒に位置情報も配信

feature2_ 詳細な飛行データを管理

各ドローンが、いつどこで、どのような飛行経路をたどったかなど、
詳細な飛行データや利用履歴を蓄積することができます。確実なデータが
残っていることで、トラブル時などの検証や業務改善に
役立てることが可能となります。

チャット履歴

パイロットへ指示を出したチャットの履歴を
保存できます。指示が的確であったか、
どういったやり取りが行われたのか等の
検証が可能となります。

飛行経路履歴

飛行履歴が保存されるので、効率的な飛行経路で
あったかや正しい経路を飛行したかなど、
確認することができます。

撮影履歴

いつどこでどのような撮影を行ったのかを
履歴から確認できます。事故等が発生した
ときの正確な日時場所のデータを把握でき
分析・検証に役立てられます。

feature3_ 簡単に使えて、カスタマイズ機能も充実

ドローンスコープの導入には特別な機器やシステムを導入する必要がありません。
ドローンにつながったデバイスにアプリをインストールするだけでご利用いただけます。
設置監視カメラ等のドローン以外の機器とも連携できる
カスタマイズにも対応しています。

クラウド経由で閲覧可能

ドローンスコープ
専用ページを開くだけ

アプリをインストール
するだけで

拡張機能

PC、タブレット、スマホとマルチディバイスに対応。
さらにカスタマイズにより
監視カメラ等とも連携が可能です。

資料請求/お問い合わせはこちらから

こんな課題をお持ちの方におススメします

  • case 1

    細かく指示を出したい

    録画した映像データの送受信に時間がかかって、パイロットへ細かく指示を出したくても、上手くいかないストレスを抱えている方

  • case 2

    一刻一秒を争う現場で

    災害や事故などで、一刻を争う迅速な対応を必要としている方

  • case 3

    撮影したい場所が多い

    広範囲の状況を確認するために、複数のドローンを同時に使用したい方

  • case 4

    出張の負担を減らしたい

    全国に拠点を持っていて、移動コスト削減と効率化を求められている企業・団体の方

  • case 5

    なるべくコストを抑えたい

    ドローンを使ったソリューションの導入を検討しているが、予算が限られていてなるべくリーズナブルなサービスがないか探している方

DRONE SCOPEの活用に適したシーン

  • 救急/救命

  • 災害時

  • 土木/建築

  • 警備 /監視

  • 放送/エンタメ

  • 農業

DRONE SCOPE(β版) の導入事例・活用事例

高橋尚子杯 ぎふ清流ハーフマラソン2017

2017年4月23日(日)に開催された「高橋尚子杯 ぎふ清流ハーフマラソン2017」にてドローンによる
空撮映像を用いた安全管理ソリューションとして活用されました。

資料請求/お問い合わせはこちらから

ドローンの可能性と課題

空撮・PR映像、検査・点検、救急医療などさまざまな分野において、ドローンが活用されはじめています。これまでになかった空からの視点、鳥の目が可能になることにより、さまざまな可能性が広がっています。が、一方でさまざまな課題も抱えています。それは、ドローンを実際に飛ばす現場、とそれを見ている本部の問題との情報共有、そしてそこから生じるコミュニケーションの問題です。

マラソン大会におけるドローン運用の成功

我々ドローンネットは、これまで3度のマラソン大会における安全管理システムを提供いたしました。(第29回いびがわマラソン、第43回市原高滝湖マラソン、ぎふ清流ハーフマラソン2017)ドローンからの映像を、救護本部に送り、医療従事者がその映像を見ることで、ランナーに異常を事前に予知する。また、どこかで異常事態が発生した場合、その現場にドローンが向かうことで、現場の映像を本部で見えることで、より適切な状況判断、処置をすることができる。これまでの現場と本部のやり取りは、音声でのやりとりのみでした。そこにドローンからの映像が入ることで、現場の状況が可視化されることは、安全管理の面からも有用である、というご意見は、いびがわマラソン、ぎふ清流ハーフマラソンの救護チーム(岐阜大学医学部)をはじめ、各方面からいただいております。

その影にあったコミュニケーションのズレ

ただし、もちろんすべてがうまく行ったわけではありません。たとえば、現行のサービスで映像伝送を行う場合、ドローンパイロット側には、ドローンだけではなく、映像伝送用のシステム(PC、ネットワークなど)の重装備が必要です。また、現行の映像伝送サービスでは数十秒の映像遅延がおき、たとえば、撮影映像を見ながら電話でフライト方向の指示があっても、映像遅延のせいで、微妙な行き違いが発生します。同じように、同じ映像を見ながらのコミュニケーションも難しい問題をはらんでいます。マラソンの現場で発生した事象ですが、川沿いのコースを走るランナーの安全監視中に、「対岸のランナーの様子を見たい」という指示を救護本部からいただきました。「対岸」の解釈が非常に難解で、ドローンパイロットの現在地から見て対岸なのか、それとも今見ている映像の対岸なのか、ということで、解釈のズレが発生しました。そこから得た我々の知見は、映像と地図を紐づけることにより、より指示を具体的にすること。「対岸」という曖昧な形ではなく、「地図上のここを撮影して欲しい」という具体的な指示ができるようなツールを開発することでした。

DRON SCOPEはコミュニケーションツール

マラソン安全管理はもちろん、今後さまざまな分野においてドローンからの映像は、有効活用されていくと思います。けれど、現場と本部、つまり、「ドローンを飛ばすパイロット」と、「こう飛ばして欲しいと指示する依頼者」のコミュニケーションがスムーズに行わなければ、スムーズなドローン業務の運用はできません。リアルタイムに映像伝送をし、かつドローンがどこを飛んでいるのか、どの経路を飛んでいて、それはどの映像なのか、ということを地図上に表すことで、現場と本部のコミュニケーションが圧倒的にスムーズになり、よりスムーズなドローン業務の運用が行えるようになります。それこそが、 私たちの目指す姿であり、コミュニケーションツールとして利用いただけるなら、こんなにうれしいことはありません。

システム開発者チーム

ドローンスコープのご利用にはドローンネット社が提供する
「スカイビジネス会員」への登録が必要になります。

DRONE SCOPEパッケージ内容

  • ・ドローンスコープ年間使用料 (1機) : 6万円
  • ・ドローンスコープ年間データ通信料(月2GB×12ヶ月) : 10万8千円
    ※データ容量は追加で購入できます。2GBにつき9千円
  • ・ドローンスコープ初期登録料 : 3万円
    ※初期登録料は初年度のみ。

年間ご利用料金

合計 19万8千円~

金額は全て税抜き価格です。

お問合せ種別をお選びください。※複数選択可

【必ずお読みください】

お申込みには、こちらの【プライバシーポリシー及び個人情報の取扱同意書】を最後までお読み頂き、 ご確認のうえ「同意する」チェックボックスにチェックを入れてください。

プライバシーポリシー及び個人情報の取扱い同意書

■プライバシーポリシー

当社は、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。


1.当社はドローン等に関する事業、並びに従業者の雇用、人事管理等において取扱う個人情報について、適切な取得・利用及び提供をし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行ないません。また、そのための措置を講じます。

2.当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。

3.当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。

4.当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。

5.個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。


本方針は、全ての従業者に配付して周知させるとともに、当社のホームページ、パンフレット等に掲載することにより、いつでもどなたにも入手可能な措置を取るものとします。

株式会社ドローンネット
代表取締役 村上 一幸 以上

Ⅰ.個人情報の取扱いについて

1.事業者の名称
株式会社 ドローンネット


2.管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
管理者名:個人情報保護管理責任者 
所属部署:株式会社ドローンネット 営業本部 営業マネージャー
連絡先:電話03(6261)6018


3.個人情報の利用目的

(1)ご本人より直接書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を取得する場合の利用目的
分類利用目的
お客様情報ドローン及び周辺機器の販売、ドローンスクールの提供及び周辺サービスの提供における機器及びサービス提供のため
取引先情報商談及び業務上の諸連絡、受発注業務、請求支払業務のため
従業者情報従業者の人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理のため
採用応募者情報採用業務のため
お問合せ者情報お問合せにお答えするため
(2)ご本人より直接書面以外の方法で個人情報を取得する際の利用目的
委託元のお客様情報受託業務実施のため
協力会社要員情報委託先の協力会社要員情報を取得する場合
採用応募者情報ハローワークやリクナビ・マイナビ等就職斡旋サイトや人材紹介会社からの採用応募者は採用業務のため

4.個人情報の第三者提供

当社は、次に掲げる場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供することはございません。

(1) ご本人様の同意がある場合

(2) 法令に基づく場合

(3) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難な場合

(4) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難な場合

(5) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

(6) 業務を円滑に遂行するため、利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合


5.個人情報取扱いの委託

当社は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しています。業務委託先に対しては、個人情報を預けることがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。


6.個人情報の開示等の請求

お客様は、当社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社「個人情報に関するお問合わせ窓口」に申し出ることができます。その際、当社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。開示等の申し出の詳細につきましては、下記の「個人情報に関する苦情・相談窓口」までお問い合わせください。


7.個人情報を提供されることの任意性について

お客様が当社に個人情報を提供されるかどうかは、お客様の任意によるものです。 ただし、必要な項目をいただけない場合、各サービス等が適切な状態で提供できない場合があります。


8.ご本人が容易に認識できない方法による取得する場合について

クッキー(Cookies)は、お客さまが当社のサイトに再度訪問された際、より便利に当サイトを閲覧していただくためのものであり、お客さまのプライバシーを侵害するものではなく、またお客さまのコンピューターへ悪影響を及ぼすことはありません。
また当社のサイトでは個人情報を入力していただく部分にはすべてSSL(Secure Sockets Layer)のデータ暗号化システムを利用しております。さらに、サイト内における情報の保護にもフアイアウオールを設置するなどの方策を採っております。ただし、インターネット通信の性格上、セキュリティを完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。


9.認定個人情報保護団体について

当社が加入する認定個人情報保護団体は、ありません。

【個人情報に関する苦情・相談窓口】

お客様の個人情報に関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。

〒102-0083 東京都千代田区麹町4-3-4 宮ビル9F
株式会社ドローンネット 個人情報保護管理責任者:営業本部 営業マネージャー
メールアドレス:info@drone-net.co.jp
TEL:03-6261-6018 (受付時間 10:00~19:00※)


Ⅱ.開示対象個人情報の請求手続きのご案内

当社で保有している開示対象個人情報に関して、ご本人様又はその代理人様からの利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の請求(以下、「開示等の請求」といいます)につきましては、当社所定の請求書により、以下の手続きにて対応させていただきます。


1.「開示等の請求」申出先
「開示等の請求」は「個人情報に関する苦情・相談窓口」宛、当社所定の請求書に必要書類・手数料を同封の上、郵送によりお願い申し上げます。


2.「開示等の請求」に際してご提出いただく書類
「開示等の請求」を行う場合は、(1)の請求書に所定の事項を全てご記入の上、ご郵送下さい。請求書用紙につきましては下記の該当する用紙を郵便で送付いたします。なお、ご本人確認のため、運転免許証、パスポート等の本人確認書類の写しの同封が必要となります。


(1) 当社所定の請求書

①利用目的の通知の場合
「開示対象個人情報利用目的通知請求書」
②開示の場合
「開示対象個人情報開示請求書」
③訂正、追加又は削除の場合、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の場合
「開示対象個人情報訂正等及び利用停止等請求書」


3.代理人様による「開示等の請求」の場合
「開示等の請求」をする方が代理人様である場合は、2.の(1)の書類に加えて、下記3.(1)の代理人である事を証明する書類の写しのいずれか及び3.(2)代理人様ご自身を証明する書類の写しのいずれかを同封してください


(1)代理人である事を証明する書類
<開示等の求めをすることにつき本人が委任した代理人様の場合>
①本人の委任状(原本)
<代理人様が未成年者の法定代理人の場合>
①戸籍謄本
②住民票(続柄の記載されたもの)
③その他法定代理権の確認ができる公的書類
<代理人様が成年被後見人の法定代理人の場合>
①後見登記等に関する登記事項証明書
②その他法定代理権の確認ができる公的書類

(2)代理人様ご自身を証明する書類の写し
①運転免許証
②パスポート
③健康保険の被保険者証
④住民票
⑤住民基本台帳カード
※尚、本籍地情報は都道府県までとし、それ以降の情報は黒塗り等の処理をしてください


4.「開示等の請求」の手数料及びその徴収方法
利用目的の通知又は開示の請求の場合にのみ、1回の請求につき、以下の金額(当社からの返信費を含む)を申し受けます。下記金額分の郵便定額小為替を請求書類の郵送時に同封してください。
手数料金額:1,000円(税込)


5.「開示等の請求」に対する回答方法
原則として、請求書記載のご本人様住所宛に書面(封書郵送)にてご回答申し上げます。

◇「開示等の請求」にともない取得した個人情報は、開示等の請求への対応に必要な範囲に限り取り扱います。

◇以下の場合には、「開示等の請求」にお応えできない場合があります。その場合は、その旨と理由をご通知申し上げます。また、不開示の場合についても手数料をいただきますのでご承知ください。

① ご本人様又は代理人様の本人確認ができない場合
② 所定の申請書類に不備があった場合
③ 開示等の請求の対象が「開示対象個人情報」(※)に該当しない場合
④ ご本人様又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
⑤ 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
⑥ 法令に違反することとなる場合

※開示対象個人情報とは、体系的に構成した情報の集合物を構成する個人情報であって、当社が、ご本人から求められる開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の求めのすべてに応じることができる権限を有するものです。ただし、以下a)~d)のいずれかに該当する場合は開示対象個人情報には該当しません。

a) 当該個人情報の存否が明らかになることによって、本人又は第三者の生命、身体又は財産に危害が及ぶおそれのあるもの
b) 当該個人情報の存否が明らかになることによって、違法又は不当な行為を助長し、又は誘発するおそれのあるもの
c) 当該個人情報の存否が明らかになることによって、国の安全が害されるおそれ、他国若しくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれ又は他国若しくは国際機関との交渉上不利益を被るおそれのあるもの
d) 当該個人情報の存否が明らかになることによって、犯罪の予防、鎮圧又は捜査その他の公共の安全と秩序維持に支障が及ぶおそれのあるもの

以 上


【個人情報に関する苦情・相談窓口】

お客様の個人情報に関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。

〒102-0083 東京都千代田区麹町4-3-4 宮ビル9F
株式会社ドローンネット 個人情報保護管理責任者:営業本部 営業マネージャー
メールアドレス:info@drone-net.co.jp
TEL:03-6261-6018 (受付時間 10:00~19:00※)


■個人情報の取扱い同意書

1. 個人情報の適切な保護と管理者

弊社は、次の者を個人情報の保護管理者として任命し、お客様の個人情報を適切かつ安全に管理し、個人情報の漏えい、滅失又はき損を防止する保護策を講じています。

〒102-0083 東京都千代田区麹町4-3-4 宮ビル9F
株式会社ドローンネット 個人情報保護管理責任者 営業本部 営業マネージャー
TEL:03-6261-6018 FAX:03-6261-6018

2. 個人情報の取得方法と利用目的

お客様の個人情報は、下記のために利用いたします。
1. お問合せ対応のため
2. ドローン販売に係る業務のため
3. ドローンスクール受講に係る業務のため

3. 委託

弊社の業務の全部または一部を外部に業務委託する際、弊社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理しています。

4. 個人情報の第三者提供

当社では取得した個人情報を、業務目的の達成に必要な範囲において、以下の要領で第三者に提供する場合がございます。
(1)第三者に提供する目的(ドローンスクール受講申込、ドローン資格認定申込)
(2)提供する個人情報の項目(氏名、住所、ドローンスクール受講済記録)
(3)提供の手段又は方法(メール添付ファイルにして暗号化もしくはパスワードプロテクシンして送付若しくは書面による手渡し)
(4)当該情報の提供を受ける者又は提供を受ける者の組織の種類、及び属性(提携ドローンスクール運営事業者、ドローン資格認定等の管理団体)

5. 個人情報を提供されることの任意性について

お客様が当社に個人情報を提供されるかどうかは、お客様の任意によるものです。ただし、必要な項目をいただけない場合、各サービス等が適切な状態で提供できない場合があります。

6. お客様からの開示等の申込みへの応諾

お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、第三者への提供の停止、消去)に関して、弊社問合わせ窓口に申し出ることができます。その際、弊社はご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。
なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。

〒102-0083 東京都千代田区麹町4-3-4 宮ビル9F
株式会社ドローンネット 個人情報保護管理責任者 営業本部 営業マネージャー
TEL:03-6261-6018 FAX:03-6261-6019

送信

RECOMMENDED LINKS